ex-コンサルタントの備忘録

新卒でコンサルファームに入社した元コンサルタントの備忘録。コンサルキャリアを考える材料をシェアすることが目的です。

コンサルの新卒採用面接の際に求められる2つのこと

先日、新卒採用の面接官をやっていて感じたこと(もうコンサルファームをやめることが決まっているのですが)を踏え、今回はコンサルファームの新卒採用面接に際して求められることについて書きたいと思います。 ①良いヤツさ 「コンサルファームは頭の良さし…

コンサルを卒業する僕が、コンサル時代にやっておけば良かったと思う2つのこと

コンサル卒業を間近に控え、もっとこうしておけば良かったなと思うことについて書いておきたいと思います。 僕と同じようなコンサル経験年数、乃至はこれからコンサルファームの門を叩こうとする人たちにとって、少しでも参考になれば幸いです。 幅広い分野…

コンサルファームで出会った一番優秀な人と一番ダメな人

今アサイン中のプロジェクトが終わったタイミングでファームを退職することになりました。なので、今のプロジェクトメンバーが最後に一緒に働くコンサルタントになります。 と言うわけで、僕自身が出会ったファーム内で一番優秀だと思った人、一番ダメだと思…

転職を決断する上でハードルになった「居心地」

今回転職を決断する上で最大のハードルになったのが「居心地」でした。正直、今の自分にとってコンサルファームは最高に居心地良い。もちろん、現状に対して何かしらの不満や物足りなさを感じているからこそ、転職という選択肢が出てくるのですが、それに目…

「コンサル × ◯◯」の人材

会計士や弁護士、歯科医なんかと同様に、コンサル人口(コンサルファームでの職務歴がある人材の数)は年々増加しています。それも、毎年一定数増加しているのではなく、増加数自体も年々増加しています(これまでのブログでも何度も書いているように、ファ…

長期的にコンサルキャリアを選ぶ人

11月下旬から怒涛の勢いで進めていた転職活動ですが、無事に年内に完了することができました。最終的な転職先の決め手や転職活動を通じた葛藤、迷い、苦しみなんかは追々レポートしたいと思います。 今回転職するにあたり、12月下旬から複数回に渡りパートナ…

尖りたかったら、ひたすら変化すべし

上場すると人材の質が大きく変わる。 上場までは将来どうなるかも分からないカオスを求めてくる、ある種粗削りだけど尖った人材が集まってくる。それが上場したらその上場ブランドを求めてくる、"ちゃんとした"人材が集まってくる。そこが上場のむずかしさの…

コンサルだって「コンサル」っていう事業をやっている事業会社なのでは?

これだけコンサルか?事業会社か?なんていう論争が繰り広げられていれば、いずれは誰かが言い出しそうなこと。 それが「コンサルだってコンサルっていう事業やっている事業会社なんじゃないの?」たしかに、コンサルだってコンサルティングサービスを提供し…

頭に自信がない人はコンサルファームに来ない方が良いのではないかと思った話

今週やるべきタスクを片付け、平和の週末を迎えられるという安心感を噛み締めながら帰り支度をしていると、近くの席から嫌な気分になるような会話が。 「何分掛かってんの?あぁぁ時間ないの分かってる?そんな時間掛ける価値ないよ?」「は?これにこんな時…

「答えがない問題」を解くという意味

コンサルタントの仕事は「答えがない問題」を解くなんてかっこよく表現されます。 コンサルタントを目指すような人は、控えめにいってもエリートです。これまで「答えがある問題」を解き、それなりの学歴を手に入れてきた。でも面白いことに、卒業後の進路と…

転職活動の時間をどう作っているか?

特にコンサルの仕事をしていて思うのは、転職活動(面接)の時間を確保するのが難しいということです。 深夜まで仕事をすることがある種の前提になっている仕事で、且つバンバン深夜ミーティングがセットされてしまうので、退社後に面接してもらうのも中々難…

コンサル志望者が必ず読むべき本 − プロフェッショナルコンサルティング

最近読んだ本について、これは是非コンサル志望者が読むべき本だと思ったのでシェアします。 プロフェッショナルコンサルティング マッキンゼー出身の波頭亮氏と、BCGを経てコーポレートディレクションや産業革新機構、経営共創基盤を設立した冨山和彦氏が、…

転職後も求められるコンサル色

さて、事業会社という選択肢が生まれ、事業会社にいる友人や、友人の伝手を辿って知り合った人に兎に角話を聞きまくるフェーズに入ります。そんな中で大きく感じたことをシェアしたいと思います。 コンサルという「タグ」 将来やりたいことなんて今の時点で…

戦略コンサルの転職活動 - 副業&事業経験を積むために事業会社も有用なオプション

既にお気付きの通り、この時点で転職活動の軸はかなりブレブレでした。 長期的な目標は「経済的にも、能力的にも自由を手に入れる」ことです。ただ、そこには無数の上り方がある。 激務でも超高給であるPEファンドに行って、スキルを磨きながらも高額なお給…

だからコンサルは使えない。コンサル出身者を雇った経営者の話

先日、とあるベンチャー企業を経営する方とお話する機会がありました。その人は外資系のメーカーを数社渡り歩いた後、独立した方で、メーカー勤務時代からコンサルと共同でプロジェクトをやってきたとのこと。 そんな彼から衝撃の一言。 「最近コンサル出身…

戦略コンサルの転職活動 − 高給ホワイトなら資産運用会社!?

PEファンドに興味を持つも、やはりその激務さと、業務そのものを愛せないかもしれないという懸念が晴れず、次の選択肢を模索し始めました。 まぁそんな悩みを友人の相談したところ、「資産運用会社ってどう?今知り合いの人が良い人いないかって探してるんだ…

戦略コンサルの転職活動 − 高額年収のPEファンド!

戦略コンサルから転職活動を考えるきっかけになったのが、PEファンドの方の話を聞いてから。 もともとは入社して1,2年経った頃から「ネクストキャリアの最有力候補はPEファンド」と言い回っていた僕に、最初のプロジェクトで出会ったボスが、PEファンドの方…

戦略コンサルの転職活動

只今絶賛転職活動中です。 色々ググってみたのですが、転職活動をレポートしたもの、特に戦略コンサルの転職活動というものが意外となかったので、これはちゃんとレポートしておこう思い筆を取りました。 そもそも、僕自身も含めて「コンサル辞めたいわ・・…

意志なきコンサルタント

ファクトで勝負!なジュニア時代 新卒でコンサルファームに入社すると耳にタコができるほど聞くのが「ファクトで勝負しろ」です。入社して間もない鼻垂れ小僧が、経験を駆使して示唆を出す上位者に対抗していくためには、兎に角時間を掛けてファクトを集め、…

too matchなコンサルの仕事

よく技術力が高い日系メーカーが技術力ドリブンで作った製品が、消費者が求めてる以上のスペックとそのスペックに応じた価格となり、結果として売れない(=他国メーカーに負ける)と言う話が多々あります。シャープのホンハイの傘下に入るに至った原因も、この…

コンサルタントのモチベーション

コンサルワークの難しいところの一つは、何と言っても高いモチベーションを保ち続けること。定期的に(早ければ1ヶ月で)プロジェクトの業種やテーマが変わる中で、常に高いモチベーションを保つというのは想像以上に難しいです。 言うは易し「自分事化して…

コンサル名物「詰め」

「最初に入る会社はすごく重要だよ。なぜならその会社の"当たり前"は自分の"当たり前"になるから」誰だったか僕自身が就活をしていた時に言われた言葉です。 では、コンサルファームの当たり前とは何か。いくつかあると思いますが、今回は中でも悪名高い「詰…

前に進む

入社したばかりの時はどれだけハードワークでも毎日ワクワクした気持ちで出社することができました。これが成長に繋がる。或いはクライアントのためになる。激しく詰められながらも真っ直ぐ仕事に向き合い、寝ても覚めても仕事のことを考え生活してました。 …

コンサル業界の今後 -「高給文房具」と「働くマシーン」

「最近、ファームも働き方改革してるらしいじゃん。本当なの?」 本当なわけない。そもそも働き方改革ってなんだよ。2年ちょっと前に他業界に転職した昔のボスと久々に会った時にそんな話題になりました。たしかにコンサルファーム内でも「働き方改革」なる…

サイコパス

今朝、突如着信コールで目を覚ましました。電話の向こうから聞こえたのはプロマネの声。「資料、どうなってる?」こいつ、気はたしかか?金曜の夜にインターナルで進捗報告したよな?今週のゴールは達成して、来週の自分にバトンを渡したよな? 寝ぼけた頭で…

就活生に捧ぐ - 激務と価値観の変化

最近の激務続きを踏まえ、是非就活生に伝えたいことがあります。 その前に簡単に僕自身の就活時~入社1-2年目くらいの想い・モチベーションと3年目以降のそれらについて簡単に纏めたいと思います。 兎に角自分を鍛えたい。激務を追い求めた就活~入社1-2年目…

ルール作り

さて、今のプロジェクトにアサインされて3週間目が終わろうとしています。 僕自身が経験したプロジェクトの中で1,2位を争うくらいハードで、早く帰ることで一定の認知をされていた僕が2-3時まで作業する日が続いています。 プロジェクトの難易度が高い中で自…

外部アドバイザーからハンズオン支援者へ

新しいプロジェクトが始まり今日で一週間が経ちました。いやー、難しい。というのがこの一週間の振り返りです。 これまでのコンサル人生では、戦略案件とカテゴライズされる案件ばかりやってきました。いくら「我々は戦略だけでなく実行支援までやります」と…

新プロジェクト

来週から新しいプロジェクトが始まります。 プロジェクト内容 プロジェクトのテーマは新規事業創出で、アイデア出しからその具現化までを3ヶ月かけて行います。クライアントの力の入れようも相当で、僕らとクライアントでチームを組んで検討していくスタイル…

「辞める前提」のコンサルキャリア

コンサル業界にいる多くの人は「いつか辞める前提」で働いています。 新卒・中途問わず、コンサル業界の門を叩くその瞬間から「いつかは起業する」「元いた業界に戻る」と考えている人もいれば、働き始めてから「こんな生活続けられない」「もっと手触り感が…