戦略コンサルの備忘録

戦略コンサルタントとして日々感じたことや考え方ことの備忘録(On-Off問わず)。学生や他業界の方には戦略コンサルとしてのキャリアを考えるきっかけを、同業の方には日々の学びや苦悩をシェアすることが目的です。

論点設計

スポンサーリンク

今日は朝からひたすら「論点設計」

昨晩提案書を読み込んでいたら、論点設計がめちゃくちゃなことに気付きました。
提案書のクオリティが酷いと思ったのはレイアウトが雑だったり、ストーリーがクリアじゃなかったりするだけじゃなくて、ちゃんと論点設計ができてなかったことが原因。

 という訳で、10時前に出社してPMに論点の再設計を提案。
勿論、こういった上位者の作ったものを修正する系のコミュニケーションはめちゃめちゃ気を使います。
何せコンサルファームにいるような人たちは東京タワーもびっくりのプライドの高さを持っていますからね。 

下位メンバーへは「どんなに論点設計で対立しても、ここは絶対に必要」と明らかな部分の検証をお願いしながら、僕自身は15時くらいまで「論点設計」(作業設計含む)を実施。

そこからPMとディスカッション。
寝不足なのか眼を充血させているPMに必死に説明。
明らかに頭回ってないだろ状態の中で、懸命に説明するも、何度か同じ質問をされる。 

いい加減イライラしてきたところで何とか着地。時刻は17時前。

とりあえずそこから論点修正と作業設計の続き。
下位メンバーのレビューを入れながらだと中々進まない。
上位者になって一番のストレスは、実はこの下位者へのレビューだったりします。
時折「自分でやった方が早い」症候群に陥りそうになります。

 そんなこんなで、明日のタスク棚卸と作業指示をして22時半過ぎにオフィスを後に。

論点設計とは?

少し論点設計について補足しておきます。

論点設計とはコンサルがPJに入る前に必ず最初にやることです。
(本来的には提案の段階でできてるべきですが)

 論点とは「答えるべき問い」のことです。
今回のPJであれば、下記のような大論点になります。
【大論点】新製品を普及させるためには「誰に」「どのように」営業すべきか?
ここから、中論点⇒小論点とツリー状にブレイクダウンしていきます。
小論点までいくと、それを明らかにするための作業を設計します。

 この論点設計はコンサルの頭の見せ所で、PJの最も重要なパートでもあります。
論点設計の重要性については「正しい問いさえ設定できれば、問題は解けたも同然」と言われているくらいです。