戦略コンサルの備忘録

戦略コンサルタントとして日々感じたことや考え方ことの備忘録(On-Off問わず)。学生や他業界の方には戦略コンサルとしてのキャリアを考えるきっかけを、同業の方には日々の学びや苦悩をシェアすることが目的です。

インタビューにおけるアポの取り方

スポンサーリンク

昨日のクライアントとのミーティングで、「仮説が大きく動きそう」ということをシェアしたところ、クライアントからはポジティブな反応が返ってきました。

クライアントによって"刺さる"、"刺さらない"があるので、何か新しい示唆や仮説を持っていく時は、少し緊張します。

とまぁ、無事にクライアントミーティングを通過したわけですが、仮説が変わったことで、それを検証するためにこれまでとは異なる対象にインタビューを行う必要があります。

新規でアポ取りですね。。。今日はインタビューのアポ取り方法をシェアしますが、正直インタビューのアポ取りはThe作業なので、できればやりたくないのが本音です。
(自分もそうですが、できれば下位メンバーにもやらせたくないです)

インタビューのアポ取り方法

仲介会社

これが最も(?)一般的なアポ取り方法だと思います。
ビザスクやGLGなんかの仲介会社に有識者を紹介して貰います。
正直、けっこう高いです。

SNS

これは他ファームの友人から前に教えてもらった方法です。
グローバル企業であれば、LinkdInで検索してメッセージを送ってしまうという方法もありかと思います。(この方法は聞く内容を選びますが)

コールドコール

地獄のコールドコールです。
HPに掲載されている電話番号からひたすら掛けまくります。
この方法は民間企業でも公共団体でも活用可能ですが、以前記載したように、外資コンサルの知名度ですと門前払いされることも。

ファーム経由での紹介

最も楽な方法です。
ファームの過去のクライアントや、過去にインタビューした方々にアポを取るというものです。 

最短距離を走ることを常に意識する

「コピー取りでも学ぶことはある」なんて言われることもありますが、残念ながらコピー取りは相対的に学びが少ないというのが現実です。
同様にコンサルワークでも学びが少ないものもあれば、学びが多いものもあります。
学びが少なかろうが、やらなければいけない事は避けては通れないので、如何に"最短距離で走るか"ということを意識する必要があります。
最短距離という文脈で言うと、アポ取りは間違いなく最短距離で走るべきタスクです。

上記に記載したアポ取り以外に効率的な方法があれば、是非シェアして頂けますと助かります。