戦略コンサルの備忘録

戦略コンサルタントとして日々感じたことや考え方ことの備忘録(On-Off問わず)。学生や他業界の方には戦略コンサルとしてのキャリアを考えるきっかけを、同業の方には日々の学びや苦悩をシェアすることが目的です。

飽きに対する耐性

スポンサーリンク

今日は第3回目の顧客とのミーティングがありました。

このPJも残り1週間となり、ラストスパートです。
残り1週間ともなると、そろそろ次のアサインに向けて動き出す必要があります。
誰がどんな案件を持っていて、そこに入るとどんな人とチームになりそうか等々
情報をかき集めて、必要に応じて担当マネジャーなりパートナーにアプローチします。

この辺のアサインメント関係は後日書くとして、今日はPJの近況を。

追加インタビューで仮説を検証

先週の金曜日にコールドコールでアポを追加で2件取得することができました。
今日のミーティング前に1件インタビューに行くことができ、概ね仮説が正しいことが分かりました。

ホッと一安心です。
正直、不安なのはクライアントも一緒なので(高い金払ったけど、こいつらちゃんと答え出してくれるのか?)、今日のミーティングで少しでも不安を解消できたので大きかったです。 

インタビュー疲れる+飽きてきた

実はインタビューってかなり疲れます。
長距離移動して、初対面の相手に頭をフル回転させるインタビューは、普段オフィスで仕事をしている我々コンサルタントの体にはかなり負荷が掛かります。

正直、インタビューを始めた当初は外出する新鮮さや、インタビューで次々に出てくる新しい情報に助けられて楽しく感じていましたが、週2~4件もインタビューを行っていると、正直飽きます。
インタビューに行って、同じような自社紹介と質問をして、ジュニアが書いたインタビューメモをレビューして、資料に反映するというルーティーンワーク。

コンサルタントって、前述の通り、外出の体力がないということもそうですが、飽きに対する耐性が物凄く低い気がします。(飽く迄個人的な感覚です)

 その中でも特に僕は飽きに対する耐性が低い方なんじゃないかと思ってしまうほどなので、改善していかなければいけないポイントなのですが・・・

まぁ残り1週間ちょっとなので、頑張ります。