戦略コンサルの備忘録

戦略コンサルタントとして日々感じたことや考え方ことの備忘録(On-Off問わず)。学生や他業界の方には戦略コンサルとしてのキャリアを考えるきっかけを、同業の方には日々の学びや苦悩をシェアすることが目的です。

当事者意識

スポンサーリンク

常駐プロジェクトが今日から始まりました。
初日の感想としては想像以上に楽しいです。
(いつまでこの感覚が続くか分かりませんが。笑)

これまでの非常駐型のプロジェクトでは、どんなに魂を入れ込んだつもりになっても、我々が考えた案をクライアントにぶつけて検討を進めるだけで、クライアントと一緒に検討している感をあまり感じられずにいました。

結局、部外者である我々が真剣に考えても、実行者であるクライアントの血が入らなければ、ただの資料の域から出ることはできません。

よくコンサル界隈で言われる手触り感がないというやつです。

クライアントのメンバーとして働く

ところが常駐型の場合、クライアントと机を並べ、一緒に悩み、一緒に働きます。
昼には一緒にランチに行ったりもするので、同じ釜の飯を食った仲的な感覚さえも待ちます。

そこにいる我々コンサルタントは外部の人ではなく、クライアントの一メンバーです。
そういう真の当事者意識を持つことができて、情熱を持ってプロジェクトに取り組めるのは非常に楽しいです。 

とはいえ常駐型のプロジェクトに不満や居心地の悪さを全く感じないわけではないので、その辺は追い追い書いていきたいと思います。

まぁ今後飽きずにこのモチベーションが続くことを心から祈ってます。