戦略コンサルの備忘録

戦略コンサルタントとして日々感じたことや考え方ことの備忘録(On-Off問わず)。学生や他業界の方には戦略コンサルとしてのキャリアを考えるきっかけを、同業の方には日々の学びや苦悩をシェアすることが目的です。

コンサルタントの息抜き方法

スポンサーリンク

我々コンサルタントは日々膨大な業務量を裁かなくてはならないため、自然と労働時間が長くなります。
そうした状況下で、作業効率を図るべく各種ショートカットやExcelの関数を身に付けることは勿論のこと、息抜きの方法を身に付けておく必要があります。

今回は僕自身が行っている息抜きの方法をご紹介したいと思います。

1時間~(非激務):ランニング or ジム or 買い物等

1時間あれば大抵何でもできます。
オフィスやオフィス付近にシャワー室があれば、運動はとても良いリフレッシュ方法です。
「運動はちょっと・・・」という人がいれば買い物もありだと思います。
兎に角、一度仕事から離れるということが大切です。
コンサルタントは膨大な量の情報をインプットする必要がありますが、一度仕事から離れている間に脳が無意識に情報を整理してくれます。

30分~(プチ激務):睡眠を取る

激務だと自然と睡眠時間が削られていきますので、睡眠はとても効果的なリフレッシュ方法です。
チームメンバーの理解があれば、デスクで寝るのが最も効率的です。
もし気まずければ、カフェに場所を変えましょう。入口から見えない奥の席を取れば気にせず眠れます。
あとは、もし人間としての尊厳を気にする余裕もないくらい眠たければ、トイレで寝るというジュニアスタッフの伝家の宝刀もあります。

15分~(中激務):散歩する

オフィスビルやオフィス付近の公園でも良いのですが兎に角立って歩きます。
激務の中、一日中デスクに座りっぱなしでは、どんな健康マニアでも体調がおかしくなります。
また本屋に行ってその時の気分に任せて本や雑誌を読むのも気分転換になります。
間違っても「コンサルタントの○○」みたいな本を取ってはいけません。

5分~(超激務):同僚とコンビニやカフェに行く

オフィスの近く(同じビル内)にはコンビニやカフェがあります。
コンビニやカフェにコーヒーやお菓子を買いに行くついでに、同僚と愚痴を言いながら移動するだけでびっくりするくらい気分転換できます。
又、部屋を出るだけでリフレッシュできる効果もあります。
超激務だと食事時間も禄に取れないためこの辺が限度でしょう。

 

どんなスーパーコンサルタントも激務による集中力の低下と共にパフォーマンスは低下していきます。
高いパフォーマンスを継続しているコンサルタントは、皆独自のリフレッシュ方法を築いています
皆さんの素晴らしい思考力を存分に発揮するためにも、自分にとって最も効果的なリフレッシュ方法を特定し、確保できた時間に応じて、しっかりリフレッシュすることをお勧めします。