戦略コンサルの備忘録

戦略コンサルタントとして日々感じたことや考え方ことの備忘録(On-Off問わず)。学生や他業界の方には戦略コンサルとしてのキャリアを考えるきっかけを、同業の方には日々の学びや苦悩をシェアすることが目的です。

論理的思考力は武器になる

スポンサーリンク

今日、いつものように常駐先のデスクでExcelを弄っていると、
「ちょっとちょっと」とクライアントから声を掛けられました。
(前にも似たようなことがありましたね)

どうやらカウンターパートが抱える別の検討事項について、資料が分かりにくいと役員からフィードバックがあり、修正するにあたってアドバイスが欲しいとのことでした。
(本来はスコープ外なので、上手くかわすようにプロマネには言われてるのですが、現場に張り付いている身としては、断るなんて無理ですよね・・・)

論理的思考力は武器になる

という訳で、急遽別テーマで会議に参加することになりました。
そこで実際に資料を見せて貰ったのですが、論理構造がぐちゃぐちゃ。
「原因/施策と結果が並列になっているので、そこは切り離して・・・」みたいな如何にもコンサルっちくなアドバイスをさせて貰って、何とか纏まりのある感じになりました。

ここで感じたのは論理的思考力は武器になるということです。
クライアントは日本を代表とする企業で、皆さん優秀な大学を卒業して入社しています。そういった方々に対しても、しっかりと日々訓練を積んでいれば、論理的思考力によって価値が出せるということです。
又、当該領域において専門知識がない、且つ急遽参加が決まった僕でも論理的思考力のみで議論を引っ張ることができたので、大きな自信になりました。
(勿論、クライアントでもコンサル並の論理的思考力をお持ちの方もいるので、価値を出すためにはそれだけでは十分なわけではありませんが)

コンサルをやっていると「自分に何ができるんだろう・・・」と不安になることがありますが、専門知識がない領域でも普遍的に活用できる論理的思考力というのは十分武器になると思います。