戦略コンサルの備忘録

戦略コンサルタントとして日々感じたことや考え方ことの備忘録(On-Off問わず)。学生や他業界の方には戦略コンサルとしてのキャリアを考えるきっかけを、同業の方には日々の学びや苦悩をシェアすることが目的です。

コンサルタントの夏休み

スポンサーリンク

さて、だいぶ長期休暇ボケが取れてきました。
今年は特に旅行に行くこともなく、休暇中もPCを触る機会があったので、リハビリの必要もなくスピード感を持って仕事に取り組めましたが、去年は旅行に行ったこともありブランクを埋めるのに苦労しました。

ブログの更新が全然できていませんでしたが、今日は折角なので「コンサルタントの夏休み」について。

中々予定を立てられないコンサルタントの夏休み

コンサルタントは、プロジェクトの切れ目に長期休暇を取得することができるという光の面によく話題がいきますが、その反面、夏季休暇は大抵の場合クライアントに合わせることになるため、中々予定を立て難いという闇の面もあります。

全ての企業・カウンターパートの夏季休暇が一致していないため、実際にそのプロジェクトに入って企業やカウンターパートの休暇日程を確認するまで分かりません。

最悪なのは、8月から始まるプロジェクトで、具体的は休暇日程が休暇2週間前とかにならないと分からないわけです。
あとは8月の中旬以降が最後の追い上げとなるようなプロジェクトも「休暇返上でラストスパート」ということになる可能性が高いのでかなり危険です。

プロジェクトの切れ目の長期休暇もそうですが、コンサルワークをしている以上、例えば半年前に旅行を予約するということはできないわけです。
それだけ先の見えないワクワク感に包まれた仕事とも言えますが、家族や恋人、友人たちと予定を立てられないのは寂しさと申し訳なさがあるものです。