ex-コンサルタントの備忘録

新卒でコンサルファームに入社した元コンサルタントの備忘録。コンサルキャリアを考える材料をシェアすることが目的です。

戦略コンサルの転職活動 - 副業&事業経験を積むために事業会社も有用なオプション

スポンサーリンク

既にお気付きの通り、この時点で転職活動の軸はかなりブレブレでした。

長期的な目標は「経済的にも、能力的にも自由を手に入れる」ことです。
ただ、そこには無数の上り方がある。

激務でも超高給であるPEファンドに行って、スキルを磨きながらも高額なお給料を貰う。
資産運用会社でそれなりの給料を貰いながら金融の専門性を磨く。

あとは・・・自分で事業を立ちあげるというのも当然選択肢に入ってきます。

いきなり事業立ち上げは躊躇してしまうが副業での立ち上げならいけそう

とは言え、いきなり会社を辞めて事業を立ち上げるような勇気もない。
どうしてもリスクをヘッジしたくなってしまう。
ただ、経済的にも、能力的にも自由を手に入れるのであれば、事業立ち上げは最有力な選択肢になる。

そう悶々と考えていたところ、ある方のブログを見つけました。

blog.zerotoone.jp

このブログを書いている樋口さんは就職活動支援情報サイトを運営するUnistyleを立ち上げバイアウトした方です。

樋口さんは伊藤忠時代にブログを書くことからスタートして、「イケる」というタイミングで起業に踏み切ったようです。

樋口さん曰く、誰もが第二の孫正義を目指す必要もなければ、世界を変えるプロダクトを出す必要もない。起業には色んな形があって良い。
そしてもその始め方も、必ず退路を断って起業しなければいけないわけでなく、副業として始めることも有用なオプションであると。

一先ず樋口さんの全部読み終えて、副業OKの企業を探し始めます。

コンサルファームにいながらでも副業できるのでは?
と思われるかもしれませんが、敢えて転職しようと考えている理由は二つです。

一つはコンサルファームいると、副業時間を捻出するハードルがかなり高いということ。

二つ目は、本業でも事業立ち上げに必要なものをしっかりと学んでいきたいと考えたことです。
先日、DeNA創業者の南場氏のコメントを引用しながら記事を書きましたが、こればっかりはコンサルファームでは学べない。

www.strategyconsul.com

と、言う訳である程度企業を絞った上で、友人・知人に話を聞きまくるフェーズに移ります。