戦略コンサルタントの備忘録

新卒でコンサルファームに入社した戦略コンサルタントの備忘録。コンサルキャリアを考える材料をシェアすることが目的です。

フリーコンサルとして働くまでの流れ

 一年以上も前に、フリーコンサル(コンサル派遣)について記事を書きました。

www.strategyconsul.com

 僕自身は、この記事を書いたタイミングでは、既に事業会社に転職することが決まっていましたが、1年の時を経て、今度はフリーコンサルとして、コンサル業界に戻ることになりました。

今回は、そんなフリーコンサルとして働く流れをレポートしたいと思います。

そもそもフリーコンサルとは?

フリーコンサルとは、読んで字のごとく、企業に属さないフリーランスのコンサルタントを指します。

働き方としては、大きく二つで、①コンサルファームのチームメンバーとして働く、②事業会社にアドバイザーとして働く、に分かれます。

①は、正直ファームで働いていたころとほとんど変わらない形態で、クライアントからファーム(大小様々)が受注したものの、人手が足りないから、足りないピースをフリーコンサルで穴埋めすると言うものです。

但し、無駄な社内コミュニケーションや政治に関与する必要がないこと、あわよくばリモート作業が許される点が、形態という点での違いになります。

②は、経営企画職的な立ち合回りで、大小様々な事業会社をクライアントとしてコンサルサービスを提供します。

②はあまり多くないケースという認識ですが、エージェントを介さずにフリーコンサルをやっている人なんかは、このケースが多いみたいです。

フリーコンサルとして働く流れ

1. エージェントに登録する

自分自身で顧客をグリップしていれば良いですが、そうでないパターン(多くの人がそうだと思いますが)の場合は、エージェントに登録することになります。

有名どころとしては、この辺でしょうか。

freeconsultant.jp

www.workstyle-lab.com

2. エージェントと面談する

エージェントに登録したら、次はエージェントと面談します。

自分の持っているスキルセットとやりたいテーマ、希望の働き方、金額感などを伝えた上で、今エージェントが持っている案件を紹介してもらいます。

今はコンサル業界も非常にお盛んなので、けっこういい条件の案件が転がっております。

3. 派遣先と面接する

エージェントから希望に合う案件を紹介してもらったら、次は派遣先と面接します。

ここで落とされるケースというのはあまり聞いたことはありませんが(事前の書類段階であっても)、ある程度自己アピールはできるように臨みましょう。

余談ですが、この面接にはエージェントも同席します。

彼らのビジネスモデル上、中抜きは何としても阻止しなくてはならないので、厳重に見張りをされるわけです。

4. 派遣先で業務を開始する

無事に面接でGoサインが出たら、晴れてフリーコンサルとしての活動をスタートすることができます。

ここからは、コンサルファームで働くのと何ら変わらず、しっかりキャッチアップして、求められている役割をこなしていくということになります。

実際に働いてみてどうか、については、また追ってレポートさせてもらいます。